2017年10月02日

クリスマスマーケットのカップあれこれ。

今まで行ったクリスマスマーケットで手に入れたグリューワイン(フランス語はヴァンショーだったかな?)のカップたちを全部ではありませんがまとめてみました。
基本的には同じタイプのカップをその年によって色を変えたり年号が変わったりという程度のものが多いような気がします。
もちろん毎年がらっと変えている街もあるはず。
これからクリスマスマーケットに行かれる方の参考になれば。

cup1.jpg

ウィーン(オーストリア・2014年)
ベルヴェデーレ宮殿にて。
クリムトの接吻などが展示されている上宮裏手にて小さなマーケットが開催されています。
色々な場所で飲みましたがこちらのお店が一番美味しかった気がします。

IMG_4710.jpg

ザルツブルク(オーストリア・2014年)
シンプルなロングのカップ。

IMG_4859.jpg

ミュンヘン(ドイツ・2014年)
レジデンツ近くにあるオデオン広場にて。オデオン広場のマーケットは中世をテーマにされているのでお店やスタッフさんもみんな中世風!規模は小さいですが素敵なマーケットです。

043.jpg

ベルリン(ドイツ・2015年)
テレビ塔を近くに臨むアレクサンダープラッツにて。
ベルリンをうろうろと歩いていると必ず通るような場所にあるので便利。
陶器とは異なり透けるのでかわいかった。

331.jpg

ドレスデン(ドイツ・2015年)
こちらもガラス。このタイプを見つけるとついつい買ってします。

414.jpg

ドレスデン(ドイツ・2015年)
こちらは定番のタイプ。この陶器のカップにその土地の風景が入っているカップを一番良く見かけます。

577.jpg

プラハ(チェコ・2015年)
プラハ城周辺にて。カップは5種類くらいありかなり悩みました(どれもかわいい!)。
余談ですがおなかの都合で食べてはいないもののフードがとても美味しそうだった。

cup2.jpg

エスリンゲン(ドイツ・2016年)
かわいい長靴タイプ。エスリンゲンはそれぞれのお店でカップが異なり迷いに迷いました。素焼きの陶器のものを買わなかったのが心残り。
ちなみに長靴タイプが一番人気だと思うんですけどウィーンのシュテファン寺院のマーケットでも扱っていましたよ!

cup6.jpg

エスリンゲン(ドイツ・2016年)
すりガラス。ポップな感じ。

cup7.jpg

エスリンゲン(ドイツ・2016年)
それにしてもエスリンゲンで飲みすぎですね。
エスリンゲンのマーケットは中世をテーマにしているのでタイムスリップをしたような独特の雰囲気がありました。
あとフードが何もかも美味しかった!

cup3.jpg

ストラスブール(フランス・2016年)
なんとプラスチック。笑
あまり力は注いでいないようです。

cup4.jpg

ニュルンベルク(ドイツ・2016年)
オレンジが刺さっているだけでもテンションが上がるのにスペキュロスも1枚くれました。
カップはこれぞクリスマスマーケット!という感じでかわいい。

cup5.jpg

ローテンブルク(ドイツ・2016年)
青いカップはやっぱりかわいいなぁ。なぜか2015年のものも使われていてそちらはグレーでした。

これからのカップは基本的には3ユーロ前後(日本円で400円程度)です。
お安い!その上年号や街の名前が入っているので旅の思い出にとっても良いと思います。
ただホットワインを飲んだ後のカップなので当然の事ながら飲んだ後はベッタベタなわけです。
ゆすぐ場所は無いのでウェットティッシュは忘れずに。
念の為鞄に入れても良いようにビニール袋も持っておいた方が良いかな?
街によってはわざわざ飲まなくてもインフォメーションなどで売っている事もあるのでチェックしてみてください(私はせっかくなので飲みますが!)。

アルコールが苦手な方はプンシュがおすすめ。
こちらはジュースを温めたものですがスパイスも入っていて大人味。とっても美味しいです。

またお店によってはカップを数種類所持している場合があります。
適当にカップを選んで入れているようであれば、特定のカップが欲しい場合は指差ししながら『このカップに入れてもらえますか?』と聞いてみましょう。
話せない人は指差ししながら『これでもいい?』という顔をすればみんなニコニコしながら入れてくれます(私もろくに話せないから)。
ありがとうだけは毎回忘れずに!

でも陶器って帰りの飛行機で割れないか心配!という方は一番良いのは機内持ち込みですね。
無理な場合は私はいつもビニールに包んだカップをヒートテック(使用済み)でくるくると巻いて帰っています。
なんだか小汚い話ですみません。でもこれで割れません。
(海外では本当にスーツケースを投げられるので毎回日本に帰ってあける時にドキドキしています)

今度は美味しかったフード編やろうかな。
(いつになるやらわかりませんが…)

image32.jpg

posted by スタッフ at 22:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

2016/12/7フランクフルト・ストラスブール・南ドイツ3日目ローテンブルク

2人で初めて行った海外旅行で絶対にもう一度行こうねと話していたローテンブルク。
日帰りではありますがニュルンベルク滞在後に行ってきました。
こちらはとても小さな街で個人で行くには列車の乗換えが多くなかなか不便。
でも販売されているドイツのパック旅行にはかなりの確率でツアー内容に含まれるほどの人気の街です。
おとぎの国のような街並み、治安の良さ、1年中素敵なクリスマスグッズの販売をされているKäthe Wohlfahrt本店は興味がない人でも思わず唸る圧巻の品揃えです。

前回は夏に訪れていたので広場でジェラートを食べたりとのんびり過ごしましたが今回はクリスマスマーケットを散策。

3732.jpg


3728.jpg


クリスマスマーケットの規模はそもそも街自体が小さいこともあり、とてもコンパクトです。

795.jpg


807.jpg


こちらは焼き栗屋さん。とってもかわいい。

806.jpg


Käthe Wohlfahrt前にあるお店の車。かわいすぎる。

757.jpg


かわいいローテンブルクの街並みですがやっぱりオススメは夜!断然夜!
と言ってもこの時期は16時頃からもう暗くなり始めます。

3774.jpg


3773.jpg


3772.jpg


夢の世界ですね。
ドイツはヨーロッパの中でも治安の良い国ではありますが都市部はやはり日本に比べるとドキドキする事もありますし、怪しい人も居ました。
その点こちらのローテンブルクはとっても治安が良いので女性が夜に一人歩きをしても問題ないかと思います。
なぜか日本人に人気の街のようでちらほらと見かける日本語が書かれたお店では日本人の店員さんも対応してくださいます。
語学が心配な方でも安心ですね。

以前こちらに宿泊した際、早朝散歩をしていたら現地に住んでいる日本人の方と『おはようございま〜す』と挨拶したり、お店の方がドイツ人でも『ありがとう』と言ってくれたりとなんだか不思議な街でした。笑

早朝や夜のローテンブルクもとても素敵なのでこちらの街には是非宿泊して頂きたいです。
posted by スタッフ at 10:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

新製品販売のお知らせ

ほのかに香るメープルシュガーとくるみを混ぜ込んだクッキー。
サクサク、美味しい組み合わせです。
良かったら試してやって下さい。

image18a.jpg


posted by スタッフ at 12:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

ブログのコメント欄について

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

2016年は多忙に多忙を極め、繁忙期となる数ヶ月の間は食事を取ることすら放棄しながら働き、気がつけば人らしい生活を送ることが出来なかった当店…。
そんなこんなでせっかく頂いたコメントにも気付かず…という日々が続いていた為失礼の無いようコメントの入力欄を閉鎖させて頂きました。
お問い合わせに関しましては通販HP上部にありますお問い合わせフォームから可能となっております。
通販に限らずご質問・ご相談等受け付けておりますのでお手数ですがそちらからご連絡頂けましたら幸いです。

……人手不足!!
(叫んでみました)

1、2月は1年で最も身体を休めることの出来る時期なので(バレンタイン前にちょこっと死にますが)この隙にゆったりとした仕事をします。
試作も出来たらいいな。
posted by スタッフ at 12:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

明日から2日間は店舗販売日です。

23日・24日は店舗にてクリスマスケーキのお渡しを行います。
またそれに伴い全種類ではありませんがチョコレートやクッキー等の菓子販売も行います。

ケーキのお渡しは12時〜17時まで。
その他の菓子販売は12時〜16時頃までとなります。

2日間どうぞよろしくお願い致します。
posted by スタッフ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする