2016年02月16日

2015/12/22ベルリン・ドレスデン・プラハ2日目ベルリンC

そんなこんなで美味しいパンたちばかりを食べておなかがいっぱいの状態だったので、
本来歩く距離ではないであろうなかなかの長距離を街歩き。
途中偶然見かけたクリスマスマーケットに寄りました。

039.jpg


そしてクリスマスマーケットと言えばやはりこれ。

043.jpg


飲んでしまいますよね、グリューワイン。
こちらのマーケットではカップがグラスでかわいかったのでカップごと購入。
そして飲んでしまうと食べてしまいますよね、ブルスト。

IMG_1263a.jpg


おなかがいっぱいのはずなのに入ってしまうのが不思議。
マーケットを少しだけ冷やかした後はてくてくと歩きます。

048.jpg


こちらはテレビ塔。
飛行機に乗っていると上空からでもすぐに見つけることが出来るベルリンのランドマーク。
そしてベルリン大聖堂。

068.jpg


中の見学も出来ますが残念ながら時間がないので前を通るだけ…。
まだまだ頑張って素敵な建物を横目に歩きます。

075.jpg


そしてそこからさらに歩くと、ありました。
二度目のブランデンブルク門。

080.jpg


IMG_8322.jpg


前回写真におさめた時は夏だったこともありお天気が良くてあんなにまぶしかったんですけどね。

IMG_2021.jpg


…逆光ですが…。
やっぱりヨーロッパの冬はなんだか空が重たいですね。
この雰囲気もまたこれはこれで好きなんですけど。
そしてまた少し歩いて着きました。

『Fassbender & Rausch』

ベルリンで有名なチョコレートの専門店です。

103.jpg


1階がチョコレートの販売。2階がカフェ。
1階ではチョコレートの細工も飾られていてなかなかの圧巻サイズ。

100.jpg


098.jpg


ついさっき見たばかりのブランデンブルク門もありました。
今回利用したのは2階のカフェ。
アイスコーヒーとカプチーノ、チョコレートのケーキを1つ注文。

095.jpg


チョコレートケーキといえどチョコレートのお店だけあってたくさん種類がありました。

094.jpg


口どけの良いものが多そうでドイツのケーキと言うよりはフランスや日本のものに近い気がしました。
で、ドイツでアイスコーヒーといえばこちら。

093.jpg


日本とは異なり本当にアイスが乗っております。
見た目とっても甘そうですがコーヒーはもちろんクリームも甘くないので案外苦い飲み物です。
甘さは自分で調節。
なおこちらのアイスコーヒーは彼が頼んだものなんですが、サーブされる際尋ねることなく私の前に置かれました。(´∀`)笑
そういえば前にミュンヘンのパン屋さんに行った時もショーケースを見て悩んでいたらおばちゃんが私に『甘いパンはこれとこれとこれと…』って説明してくれたなぁ…。
さらに悩んだら『この甘いパンはどう!これが似合うわ!』(←ドイツ語)的な事をずって言って勧められたなぁ…。
甘いものを食べそうな顔をしているんでしょうね(丸いし)。

そしてこの日はクリスマスマーケットが開催されている時期だからか普段からついているのかはわかりませんがかわいいサンタクロースのチョコレートがコーヒーに付いていてちょっとお得な気分に。

ではおなかもさらに満たしたところでお店の前で開催されいてるジャンダルメンマルクトへと潜入致します。

105.jpg


ちなみにこの写真、やたらと暗いですがまだ17時前なんですよね。
posted by スタッフ at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

2015/12/22ベルリン・ドレスデン・プラハ2日目ベルリンB

ソーセージでおなかを満たした後はまたメトロに揺られ今度こそベルリンの中心部へ。
まずはハッケシャーホーフへ。

『Hackesche Hofe』

本来は集合住宅なのかな?1階はおしゃれなお店が立ち並ぶショッピングモールのような場所。
Hofe(ホーフ)とは中庭という意味でいくつかの中庭がありそれを囲むように店舗が並んでいます。
歴史ある建物が雰囲気抜群でした。

025.jpg


023.jpg


日本でもお馴染みのtrippenがあったりお土産に最適なアンペルマンショップ(ベルリンの信号機に使用されている人気キャラです)があったり。
素敵な蝶ネクタイやベルトの専門店などもありました。
私が日本に居るときからこれだけは買うぞと狙っていたエコバッグと、アンペルマングッズを少々購入。

IMG_3908.jpg


マグカップはスタバのもので上がベルリン限定。
下がベルリン・クリスマス限定でした。お揃いで購入。
エコバッグはEAT BERLINのものでハッケシャーホーフ内に店舗があります。

IMG_2129.jpg


そしてアンペルマングッズ各種。
エコバッグやクリップなどの文房具。写真にはありませんが傘やレインコートなどの雨具も買いました。
クッキーの型は『いらないよね?使わないよね?』と言いつつも後悔してももう買えないという理由で購入。笑

結局素敵な蝶ネクタイはお値段も少し素敵だったので買えなかったんですがベルリンから離れてから非常に後悔されていたのでまた行く事があったら今度こそ購入します。
店員さんが雑誌から出てきたような人たちばかりでもちろんみんなスーツやし私たちはみすぼらしいしで緊張して買えなかったんですよねぇ…( ´∀´)=зハァ

『Hackesche Hofe』
営業時間などは店舗により異なります。
Rosenthaler Strasse 40, 10178

そして近くにあったビルケンシュトックや別のHofeなども冷やかしてから次なるパン屋さんへと徒歩で向かいます。

『Wiener Brot Holzofenbäckerei』

032.jpg


IMG_0489.jpg


とても気さくなおばさまが対応してくださいました。
有名なビオのパン屋さん。
ドイツやオーストリアのパン屋さんの特徴としては基本的にパンの名前は書いてないし値段の表記も無いことが多いです(きちんと表示しているところももちろんたくさんあります)。
いざ値段が書いてあっても向こうの特徴ある文字のせいで数字すらろくに読めなかったり。
種類が多いわ対面式だから頼んで取ってもらわないといけないわ、ショーケース以外にもパンがあるわで四苦八苦しながら今回も注文。
(もう値段は気にしない)

027.jpg


写真はいろんな種が乗ったずっしり系。
他にもカイザーゼンメルなどを見かけるとついついどこでも購入。

IMG_7292.jpg


こちらはケシの実とリンツァー。しっかり甘くてとっても美味しかったです。

『Wiener Brot Holzofenbäckerei』
7:00〜19:00(土曜8:00〜16:00)
日曜定休
Tucholskystraße 31 10117

その足ですぐ近くにある次なるパン屋さんへ。

『Bäckerei Alpenstück』

035.jpg


向かい側にはレストランもあり。ベッカライといえどパンを買っていくというよりは併設のカフェでゆっくりされている人たちが多数。
美味しい朝食なんかがあったのかも。

今までおばちゃんたちが販売しているアットホームなパン屋さんが続いていたのですがここに来て急におしゃれな店でおしゃれな若者たちが対応。
おばちゃんじゃないという事にドキドキしつつも英語がすぐに通じて注文はラクラク。

早速購入、お店の前で食べました。

036.jpg


それにしてもドイツのパン屋さん、本格的なお店に行けば行くほど案外プレッツェルがありません。
こちらではうちのお店でも販売しているバニラキプフェルンが販売されていました。

034.jpg


『Bäckerei Alpenstück』
7:00〜19:00(土日8:00〜18:00)
Schröderstraße 1 10115

どこのお店もシンプルで美味しいのですがこのあたりでそろそろ気付き始めます。
パンはやっぱりミュンヘンの『E.knapp und Wenig.』が個人的には一番美味しい。
あんまり種類を食べていないのでなんとも言えませんが。

それにしてもパンばっかり。
posted by スタッフ at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

2015/12/22ベルリン・ドレスデン・プラハ2日目ベルリンA

この日は朝からパン屋さんをめぐるぞ!!と決めていたので朝食はヨーグルトなどこれからなかなか摂取出来そうにないものを選んで控えめにスタート。

009.jpg


この日は中心部から少し外れた郊外の地域から散策。
観光も何もあったもんじゃないですね。

011.jpg


そんなこんなでメトロに揺られて郊外へ。

015.jpg


一気に深まるただの住宅街感!笑

『Bäckerei & Konditorei Siebert』

ベルリン最古、ビオのパン屋さんだそうです。

018.jpg


観光客は皆無で地元のお客さんが列をなして次々とお店に吸い込まれていきます。

016.jpg


とにかく列の進むのが早いので自分たちの番が来たら焦りながらつたない英語とドイツ語を交えて対面注文。
おばさま達がとんでもないスピードで捌いていきます。

017.jpg


シュトーレンとシンプルなパンをいくつか購入。

019.jpg


ふむふむ、素朴なパンがシンプルに美味しい。

『Bäckerei & Konditorei Siebert』
6:15〜18:30(土6:15〜12:30)
日・月定休
Schönfließer Str. 12 10439

その後徒歩でベルリンのカリーブルストNo1と呼ばれるお店へ。

『Konnopke’s Imbiß』

さきほどのパン屋さんから徒歩圏内。
一緒に訪れるのをおすすめします。

021.jpg


高架下にあるこの店舗。
人気店のため普段ならとんでもない列が出来ているそうですが朝早い時間に訪れたせいか人はまばら。
早速注文しました。

022.jpg


外はカリカリ!中ふわふわ!
前日のcurry36がいまいちだった事もありとっても美味しかったです。

『Konnopke’s Imbiß』
9:00〜23:00(土11:30〜23:00)
日・祝定休
Schönhauser Allee 44 b, 10435 Berlin

その後またメトロに乗り今度は中心部へと向かいます…。
posted by スタッフ at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

2015/12/21ベルリン・ドレスデン・プラハ1日目ベルリン@

本当は11月に行こうとしていたんですが予定がいまいち判明せず頓挫。
そして12月になんとかねじ込んで行って参りましたドイツへ。
今回はドイツのベルリン・ドレスデン、そしてチェコのプラハへ向かう旅です。
いつものように貧乏旅行です。

ちなみに12月21日のお昼の便で出発したんですが前日には東京にて手創り市雑司ヶ谷に出展しておりとんでもないハードスケジュール(特に京都⇔東京間を運転をしている彼が)。
関空に向かうにも2時間以上の時間を要する為もう出発前から意識朦朧。
前日深夜に京都へと着いたにも関わらず出発当日早朝起床という無理しすぎな出発となりました。

今回の行きの便はエールフランス。
ちょうど出発前にサッカーのキリンカップだか何だかをやっていた関係で私たちが乗った飛行機は日本人よりもフランス人よりもアルゼンチンサポーターだらけ(´∀`)
出発前からスチュワーデスさんに『騒がしくなるかもしれない』と謝られ、3人席のはずのシートを気遣ってか移動してくださって2人で3席を使うというとってもありがたい状態に。
でも残念ながら羽の部分で景色はいまいち楽しめず。

005.jpg


ちなみにアルゼンチンの方々、案外おとなしくて(前日のニュースで難波で暴れているとか言っていたけど)何も問題なかったです。
試合以外で騒いでいるのはやっぱり一部の方だけなんですね。
むしろ前の席に座っていた日本人カップルが食事中もシートをがっつり倒してくる方がよっぽどしんどかった…(´∀`)笑
そんなに倒したままで逆に食べにくくなかったのかな?
そんなこんなで楽しい機内食。

まずはウエルカムという事でスナック菓子とシャンパン!
シャンパン!さすがフランス!

001.jpg


ミートボールとマッシュポテトだったかな?

003.jpg


美味しかった。ヨーロッパ系の航空会社はそこそこ乗ってきましたが今までで一番だったかも。
その後映画を観てぐぅぐぅ寝たりしながら今度は昼食。
ホワイトソースのパスタ。

007.jpg


先にコールドミールだけ来て食べてしまったので写真が中途半端ですがやっぱり美味しかった。
ちなみにエールフランスは機内にスナックバーなるものがあって、ジュースやお菓子、粉末状のスープなどがご自由にどうぞと言うことで置いてあります。
もう粉末状のスープに二人でお世話になるお世話になる。笑
そしてフランス・シャルルドゴール空港へ。

久しぶり!ここ最近フランスには来ていなかったので4年ぶりくらい?
乗り継ぎ時間が2時間ほどあったのでのんびり免税店などを覗いてみました。
目を引くのはやっぱりチーズ。

IMG_0515.jpg


この写真は全部フォアグラです。

IMG_3217a.jpg


圧巻ですね。
そして日本でもお馴染み、ラデュレのマカロンとメゾンデュシュコラ。

IMG_4454.jpg


ラデュレのマカロンは1つ2€(270円くらい)。日本で買おうとすると400円ぐらいするんでしたっけ?
だいぶお得に買えますね。

IMG_8717.jpg


メゾンデュショコラももちろんお安くはなっていたんですがそれでもさすが高い!
帰りだったら買ったかもしれないんですがこれからドイツに行くんだからと我慢。

そして空路ベルリンへ。
今まで二人で旅行をしてきて初めて席がバラバラになったんですがなぜか私の席はドイツ人とフランス人のイケメン二人に挟まれ、彼は若い女子たちに挟まれ移動致しました。
イケメンの圧が酷くてなんだかこっぱずかしくて軽食の写真は撮れず。

そんなわけでベルリン到着!
テーゲル空港はとても小さく迷うことなくバス停へ。
テーゲル空港はベルリンの主要な空港にも関わらず電車が通っていなくて空港バスやタクシー、ただの路線バスなどを使用して市内へと向かいます。

飛行機の出発が遅れた事もあり時刻は既に22時を回っていました。
そんな中自販機でチケットを買い路線バスへと乗り込みます。
こんな時間に海外で路線バス…なかなかハードルが高い…。
30分ほどバスに揺られて終点の駅へと到着。

IMG_5562.jpg


こんばんは久しぶり!ベルリン!
着いたらそこは雨でした。そこそこザーザーと。
そんな中でしたが晩御飯を食べそびれていたのでせっかくだからとベルリンと言えば!のB級グルメ、カリーブルストを食します。
ありがたい事に有名店『Curry36』の支店が出来ていたので。

008.jpg


ポテトとソーセージ、トマトケチャップ、マヨをトッピング。
カレー粉がかかってはい出来上がり。
美味しいけれどポテトが冷めていた…。
ちょっと働いていた店員さんも対応が微妙だった…。

しかしめげずに明日はベルリンの街を歩きます。
ちなみにこの旅、雨が降ったのはこの時だけで暖冬・良いお天気に恵まれとってもラクでした。
本来なら気温0℃前後とかが普通なのに10℃はあるしお天気良いしで冬の空はいつもどんより曇っているというイメージのヨーロッパと全然違ったんです。
ラッキーだったなぁ。
posted by スタッフ at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

2014/12/5ミュンヘン・オーストリア6日目ミュンヘンC

いよいよ旅最後の日。
翌日は朝から飛行場へ向かう為思い残しの無いようお土産購入を中心にうろうろしました。

朝からホテルでしっかりと食べて向かうはレジデンツ。
レジデンツとは旧バイエルン王国ヴィッテルスバッハ王家の王宮です。
ミュンヘン観光ハイライトのうちのひとつという事で、ホテルから歩いていける距離だったのでせっかくだからと観光らしき事をしてみました。

朝からてくてく散歩がてら向かいます。

IMG_5034.jpg


IMG_5036.jpg


入ってすぐに圧倒。

IMG_5040.jpg


IMG_5045.jpg


IMG_5044.jpg


こんな廊下を一体何に…と言いながら旅の最終日とあって疲れもピーク。
ちょっと目を離すとすぐに座ります。

IMG_5055.jpg


なんとか奮い立たせて進みました。

IMG_5067.jpg


ただね、言えることはひとつ。

レジデンツ広すぎ

IMG_5105.jpg


旅の最終日に来る場所じゃないですね。なかなかの体力が必要でした。

IMG_5080.jpg


IMG_5109.jpg


IMG_5090.jpg


このような大きな部屋がひたすらと続き、最初こそひとつひとつきちんと見ていた私たちもだんだんひとつの部屋にかける時間が短くなっていき…。
最終的には『この部屋の広さがあったら十分お店が出来るね』『何坪かな?』という謎の会話をしておりました。

こちらではコンサートも開かれるそうですよ。きっと素敵なんでしょうね。

IMG_5119.jpg


歴代のお住まいになった皆さん。

IMG_5134.jpg


IMG_5137.jpg


もうこの廊下を歩く頃にはへろへろになっていました。
チケット代以上の価値は十分にあるかと思われますが興味が無い場合はなかなかの苦行必至です。

気を取り直してお昼は屋台で済ませ、お土産購入へ。
今回の目的はそう!

IMG_5141.jpg


IMG_5142.jpg


鳩時計!!自分たちへのお土産です。
使用方法や維持方法等いろいろと不安があったんですがなんと!こちらのお店には日本語を話すドイツ人のかわいらしい女性が居て、
たどたどしくはあったのですがとっても親切に説明してくださいました。
MAX KRUGさん。ノイハウザー通りというミュンヘンの中でも一番メインとなる歩行者天国に面しているので恐らくすぐに見つかるかと思われます。

その他ドラッグストアやスーパーを梯子してHARIBOのグミを中心に色々な食べ物を大人買い。
シュタイフのぬいぐるみはユーロが高かったので我慢…。
そして夕食はドイツといえばやっぱりこれも食べなきゃということでこちらへ。

『Haxnbauer』

IMG_5153.jpg


IMG_5152.jpg


豚のもも肉をカリカリに焼いたシュバイネハクセという肉料理もドイツでは外せない名物。
未だに食べたことがなかったのでドイツ最後の晩餐はこちらにしました。

やっぱり外せないビールと、ドイツ・オーストリアでこれでもかとハマったポテトスープも注文。

IMG_5143.jpg


IMG_5147.jpg


ふむ、接客は悪いけどポテトスープはやっぱりどこで食べても美味しい!笑

メインのお肉はちょっと漫画を彷彿とさせるフォルムです。
よく『脂っこい』という話を聞いていたんですが私たちに届けられたお肉は残念ながら焼きすぎのようで脂が全部流れ落ちていました。
がっかり…。

IMG_5148.jpg


IMG_5151.jpg


席に案内してくれたお兄さんはアイコンタクトで動いてくれるくらいありがたい接客をしてくださったんですが、私たちの席を担当したおじさんがなかなか使えない人で!
女性客には優しかったんですが家族連れやカップルなどにはなかなかに無表情な接客でした。笑
まぁこんな事もあるさ!
むしろ今回の旅は出来すぎなくらい親切な人に対応して頂いていたので最後の最後で『海外だわぁ』と思い出しました。
その昔ロンドンのマクドナルドで『チッ!早くしなさいよ!クソが!』と接客(接客?)された事に比べればドイツのおじさんもかわいいもんです。

ほろ酔いになりながらミュンヘンの街を散歩し、ホテルへと着きました。
翌日は朝から飛行場へ向かいます。
posted by スタッフ at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする