2017年06月03日

2016/12/7フランクフルト・ストラスブール・南ドイツ3日目ニュルンベルク

楽しかったストラスブールから一夜明けて、本日はまたドイツをうろうろ。
フランクフルトからバスを走らせニュルンベルクにやってきました。
まずはニュルンベルクを代表するお城、カイザーブルクから街を見下ろします。

691.jpg


…って、天気悪っ!笑
でもヨーロッパの冬はいつもこんな感じですね。

699a.jpg


709a.jpg


733.jpg


フラウエン教会がある中央広場ではたくさんの市が軒を連ねていました。

744a.jpg


745.jpg


とにもかくにも腹ごしらえ。
ニュルンベルクにはニュルンベルガーソーセージと呼ばれるソーセージを食べることが出来ます。
小ぶりで程よくハーブの効いたソーセージを炭火で焼いた間違いなく美味しい食べ物。

735.jpg


726.jpg


ケチャップとかが小汚くついてしまってごめんなさい。
そしてただただ美味しそうで何かわからず頼んで食べた食べ物。

728.jpg


727.jpg


731.jpg


牛だったのかな…。豚だったかな…(記憶曖昧)
美味しかったのでそれで良いです。

そしてこれもやっぱり食べないと!という事で前回ミュンヘンで食べて美味しかったカルトッフェルプッファー。

742a.jpg


ドイツのじゃがいもは美味しい!
パンケーキなんでしょうけどほぼじゃがいもで構成されていて揚げたてがとっても美味しい。
りんごのムースと食べるのが定番ですが、サワークリームなどいろんなソースを選べる事が多いです。

ここニュルンベルクにはレープクーヘンシュミットという、レープクーヘンといえばここ!!というお店の本店があるんですがミュンヘンなどにも支店があって以前そちらで買って飽きるほど食べたので今回は素通りしてしまいました。ごめんなさい。
そういえばこの日は反動なのか全然甘いものを食べてなかったな…。

グリューワインは容器欲しさに2杯頂きました。

710.jpg


739a.jpg


一緒に写っているクッキーはスペキュロスです。
当店でも売っているスペキュロス、日本ではまだまだ未知の食べ物ですがドイツでは定番のスパイスクッキーです。
スーパーには色んなメーカーが販売しているスペキュロスがずらりと並んでいますよ。

そんなこんなで食べてばかりのようですが街歩きもちょこっとだけ。
ニュルンベルク駅前にあるHandwerkerhofは職人さんが集まっている市場で丁寧に作られた工芸品などに出会うことが出来ます。

716.jpg


717.jpg


常設手作り市といったところでしょうか。

ニュルンベルクはドイツのクリスマスマーケットの中でも三大と呼ばれるほど有名で、やっぱりクリスマスマーケットは夜が良いなぁ…と後ろ髪ひかれつつ次なる街へと移動しました。
posted by スタッフ at 11:40| 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

2016/12/6フランクフルト・ストラスブール・南ドイツ2日目ストラスブール

スフレンハイムを後にしてストラスブールへと到着しました。
フランス領ですがドイツの統治下におかれていた歴史もあるこの街はフランスとドイツ、両方の文化が生きておりとても素敵な街です。
だから木組みの家がたくさん。
街はクリスマスムードです。

663.jpg


678.jpg


こちらでは目当てのパン屋さんやお菓子屋さんが多数ありすぎたので限られた時間の中もう必死になって回りました。

『Au Pain de Mon Grand Père』

639.jpg


641.jpg


お店の写真がなくてごめんなさい。
狭い店内に人がぎっしりで流れ作業のようにあわあわと注文しました。
写真にはありませんがバゲットもとっても美味しかったです。
フランスらしくクロワッサン、そしてドイツのプレッツェルと両方楽しめるのも良いですね。
何を食べても美味しかったなぁ。

『Au Pain de Mon Grand Père』
月曜定休
6:00〜19:00
58 Rue de la Krutenau

『Thierry Mulhaupt』

665.jpg


684.jpg


焦って撮った写真が小汚くてとにかく申し訳ないんですがストラスブールよりパリ!という感じのとってもきれいなケーキでした。
(お店もきれい)

ただお持ち帰り専門なのでフランクフルトに戻る頃にはがっつり寄って汚く…。
日本ではないので保冷剤はもちろんケーキを壊さないようにする仕切りなどもありません。
こんな程度の個数で箱をくれるだけとんでもなく親切なんです、こちらでは。
クッキーやマカロンなんかも当然のように割れた状態で販売されています。
日本はかなり厳しいですよね(ボソリ)。

こちらのケーキ見た目だけでなくお味ももちろん美味しくて、甘すぎないので日本の方でも美味しく頂けるのではないでしょうか。
お値段はどれも400円前後。

『Thierry Mulhaupt』
月曜定休
平日8:45〜12:15/13:30〜18:30
土曜8:30〜18:30
日曜8:30〜12:00
18 rue du Vieux Marché aux Poissons

そして個人的に一番気に入ったお店がこちら。

『NAEGEL』

image56.jpg


682.jpg


店舗前には写真を撮らずにはいられないずら〜っと並んだお菓子たち。
パンの種類も豊富で何を買おうか非常に迷いました。
そして色んなものを購入したんですが写真にもあるキッシュが特に美味しかったかな。
一口食べればわかるとっても贅沢な配合でした。
お菓子やパンたちはイートインもテイクアウトもどちらも可能。
テイクアウトの場合キッシュは温めるかどうかも尋ねれくれます。親切!
観光地のど真ん中にあるので是非訪れて欲しいです。

『NAEGEL』
日・月定休
8:30〜18:30
9, rue des Orfèvres

その他にもたくさんお店を回りまして…(どんだけ食べるの)。
美味しいビスケットを買ったり、

image58.jpg


パンデピスの専門店でお買い物をしたり、

IMG_0828b.jpg


ストラスブールは食べたいものが多すぎて本当に困りました。
間食が多すぎてレストランには入れず…。
ストラスブールはパリと違ってやたらと皆さん観光客に優しいしとっても親切です。
パンデピスのお店では日本語で説明されたパンフレットを渡して試食もくれるので、賞味期限も長いしお土産選びにはとても良いかと思います。
(ビスケットのお店も試食をくれます。優しい)
どちらのお店もストラスブールを観光していたら絶対に前を通る!というような場所にあるので見かけられた際には是非。

あとクリスチャンというお店でストラスブール名物のクグロフをやっと購入。

674.jpg


クグロフはサイズによって値段が異なるので小さいものが良ければ注文時に伝えてください。
クグロフというと日本ではケーキ寄りのちょっとリッチなものを想像しますがこちらではどちらかというとパンに近いです。
でもお店によって全く異なるので皆様余力があれば是非食べ比べを。

食べ物の話一色になってしまってすみません…。
ストラスブールといえばやっぱり大聖堂ですよね。

644.jpg


649.jpg


もちろん中に入ることも出来、とても静かな空間で時を過ごすことが出来ます。
大聖堂の周りではクリスマスマーケットも開催されていました。

655.jpg


660.jpg


ちなみにこちらではホットワインのことを『ヴァン・ショー』と呼びます。
(ドイツ語はグリューワイン)
各地のマーケットでグリューワインを必ず飲んでいる身としてはこちらでもやっぱり一杯。
ついでにアルザス名物のシュークルートを購入。
(いい加減塩気が欲しかった)

671.jpg


…汚いな…。笑
シュークルートとはザワークラウト(ドイツ名物キャベツの漬物)にソーセージやベーコン、豚のすね肉を加えゆでたジャガイモと提供されるフランス東部アルザス地方を代表する料理です。

酢自体がそんなに得意ではないうちの旦那さんですがやはりザワークラウトもそんなに得意ではなく…。
(でもお店によっては食べられるそうです)
そんな彼ですがこちらの屋台のものは『美味しい!美味しい!』といってパクパク食べていました。
フェンネルなどのハーブがしっかり効いていたからかな?酸っぱさ具合も程よくてとっても美味しかったです。
大聖堂横の広場で『美味しい〜?』と聞いてきたりする気のいいおじさんが販売していますよ!

そんな食べ物の話ばかりになってしまったストラスブール。
街自体も本当に素敵なところなのでとってもオススメの街です。
観光出来るは美味しいものが食べられるはフランスもドイツも感じられるなんてとっても贅沢!
私は2度目のストラスブールでしたがまだまだやり残した(食べていないお店)がたくさん…。
皆さんも是非訪れてみてください。

image57.jpg


638.jpg
posted by スタッフ at 11:28| 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

おすすめしたいクリスマスマーケットのお話

時々お客様に尋ねて頂いていて、『クリスマスマーケットはどこがオススメですか?』
というご質問なんですが私の個人的でな意見でまとめてみました。

1位ローテンブルク(ドイツ)

image33.jpg


image31.jpg


image32.jpg


街自体が小さいのでマーケットもこじんまりとしていますが、普段からとてもかわいらしい街がこの時期はとんでもなくかわいらしくなります。
ここはディズニーランドか?!と見紛う光景ですがディズニーよりさらに素敵です。
治安もとても良く女性の夜中の一人歩きもまったく問題ないです。
なぜか日本人が経営しているお店も各所にあるので語学が不安な方はそちらで買い物されたりしても良いかもしれません。
ただ交通の便がとても悪いので(列車だと何度も乗り換えが必要)、現地の旅行会社が提供しているバスツアーで訪問するのがおすすめです。
詳しくはまた後日書けたら…。

2位ドレスデン(ドイツ)


IMG_1590b.jpg


IMG_2493b.jpg


255.jpg


こちらはドイツ3大クリスマスマーケットのひとつで、ドイツ最古のクリスマスマーケット。
旧市街の街並みがとても美しいのはもちろん、それぞれのお店の屋根飾りがとても豪華である事も特徴です。
日本でもお馴染みとなりつつあるシュトーレンの本場でもあり、シュトーレンを販売する屋台もたくさんあります。
マーケットもとても大きくまた各所に点在しているので見ごたえたっぷり。
おすすめです。

3位プラハ(チェコ)

495.jpg


545.jpg


クリスマスマーケットはヨーロッパ各地で開催されていますが本場はやっぱりドイツなんです。
規模からお店の質からレベルが違う…!!のですが、
プラハのマーケットもとってもおすすめ。
やはりプラハもズルイ!と言いたくなるくらい街並みがおとぎの国のように素敵で圧巻のクリスマスツリーは必見です。
このツリーは毎年チェコ各地から選りすぐられるそうで、選ばれるのはとても名誉のある事なんだそうです。
そしてなんと言ってもチェコは物価が安い!ご飯が美味しい!雑貨がかわいい!
12月24日以降もクリスマスマーケットを開催してくれている!とってもありがたい国です。
(ドイツはその土地により異なりますが基本的には24日14時頃までには終わります。)

初めてのクリスマスマーケット巡りでのオススメはベルリン→ドレスデン(→日数が許せばプラハ)こちらのコースがオススメかな?
ベルリンも首都だけあってたくさんのクリスマスマーケットがあり、観光にも事欠かないですし。
距離的にもベルリンとドレスデンは近いのでツアー等ではよく一緒に提供されています。
個人旅行はちょっと…という方はこの時期だけ意外に安い価格でクリスマスマーケットを巡るツアーが各社から販売されているのでお休みさえ取れるのならば是非一度訪れてみてください。
冬だから安いですよ!(添乗員つきでも一人13万前後くらい?)
以上、勝手なランキングでした。
posted by スタッフ at 12:23| 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

2016/12/6フランクフルト・ストラスブール・南ドイツ1日目スフレンハイム

ホテルにて1泊し、この日はフランス・アルザス地方へと向かいます。
私たちの移動手段はいつも列車に乗って、移動地で泊まるという方法なんですが今回はフランクフルトを中心に、バスでの往復移動をメインにしました。

バス…めっちゃラク!笑

また同じホテルに戻るので大きな荷物を持つ必要はないしぼーっとしてたら運んでくれるし列車の故障もないし!
しかも今回はバスでの移動時のみ日本語ガイドさんが付く安心すぎる日帰り旅行です。

そんなわけでバスでの国境越えとなったのですがテロの影響もあり、フランスへの入国時バス内にて機関銃を携えた兵士さんたちによるパスポートチェックが行われました。
今までユーロ圏は『いつの間に国境を越えたのかな?』というくらいのんびりした感じだったんですが今回はピリピリ。

そんなわけでまずはスフレンハイムという街に到着!
スフレンハイム焼きで有名な陶器の小さな街です。

619.jpg


それぞれ窯元で焼かれた陶器が直売されており、大小様々なクグロフ型からお鍋、クリスマス飾りなどなど所狭しと並んでいます。

601.jpg


602.jpg


618.jpg


それぞれのお店もかわいい。

603.jpg


606a.jpg


色々と覗いた中で私が一番気に入ったのがこちら。

600.jpg

(屋根の写真ですみません…)


クグロフ型以外にもリネンなども購入しました。

image81.jpg


この後アルザス地方を代表する街、ストラスブールにも行ったんですが販売価格はこちらの方がかなりお得で種類も多かったのでもっと買っておけば良かった…と後悔しっぱなしでした。
珍しく食べ物の写真が1枚もない記事になりましたね。
posted by スタッフ at 22:54| 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

愛犬と伊豆へ(後編)

お次は伊豆半島を南下し下田方面へ。
龍宮窟というところに行ってきました。

image65.jpg


差し込む日がとってもきれい!

image66.jpg


洞窟のようになっており、波の音だけが聞こえとても神秘的な場所でした。
では次なるお宿へ…とその前に、道の駅へと寄りました。
その名も『愛犬の駅』!!!
https://www.welovedogs.jp/station/

カフェもお土産屋さんもみーんな愛犬と一緒に利用OK!
ドッグランも併設されておりとにかくわんこと飼い主の為の道の駅といったところでしょうか。
わんこと一緒にお土産選びできるだけでもありがたいですよね。
ちなみにウブドの森と同じ系列の会社のため、宿泊するとお土産の割引クーポンやドッグラン無料券などがもらえるのでもしもこちらの系列に泊まる場合は宿泊後の利用がおすすめです。
(そんな事より全然写真がなくてごめんなさい。新しくてとてもきれいな施設です。)

ドッグラン内には色んな施設があって楽しいですよ。

image77.jpg


私たちはわんこたちの動向が気になる為利用しませんでしたがドッグランのわんこたちを見守りながら利用出来る足湯もありました。

いざ次の日のお宿、はんなり伊豆高原さんへ。
こちらはお部屋に露天風呂があるだけでなく、なんと各部屋に愛犬用の露天風呂まで併設されています。
早速泥パック(←無料)を施されお風呂に入らされるちわ丸。

image63.jpg


ブルブルブル…

image64.jpg


ちらっと右に写っているのが愛犬用ヒノキ風呂です。
普段あまりお風呂が好きでないちわ丸もおとなしくお湯に浸かってくれました。
(単に外が寒くてお湯が温かかっただけかもしれない)

なぜだか晩御飯の写真がないのですが朝食の写真だけありました。

image61.jpg


これで一人分!食べきれない!
のんびり温泉三昧のお宿に別れを告げ、翌日は富士山を横目に箱根・大涌谷へと向かいました。
と言っても入場制限があるのでたまごを買う程度しか出来ないんですけどね。

image80.jpg


それでもびっくりするくらいの数の観光客!(というか外国人!)
平日なのに人でごった返していました。
またもや大涌谷の黒たまごを購入。
延命の効能を頂くべくちわ丸とここちゃんも一口。

image79.jpg


この後はこれからの仕事のことを考えげっそりしながら頑張って帰りました。
(大量に溜まっていた)

やっぱりわんこたちとの旅はとっても楽しいです。
関西圏から行くのはなかなか難しいかもしれませんがお勧めはやっぱり伊豆!
わんこ連れOKの動物園や遊覧船などとにかくわんこに優しいレジャー施設や宿泊施設が満載なんです。
また来年もお邪魔します。
posted by スタッフ at 22:19| 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする