2017年10月02日

クリスマスマーケットのカップあれこれ。

今まで行ったクリスマスマーケットで手に入れたグリューワイン(フランス語はヴァンショーだったかな?)のカップたちを全部ではありませんがまとめてみました。
基本的には同じタイプのカップをその年によって色を変えたり年号が変わったりという程度のものが多いような気がします。
もちろん毎年がらっと変えている街もあるはず。
これからクリスマスマーケットに行かれる方の参考になれば。

cup1.jpg

ウィーン(オーストリア・2014年)
ベルヴェデーレ宮殿にて。
クリムトの接吻などが展示されている上宮裏手にて小さなマーケットが開催されています。
色々な場所で飲みましたがこちらのお店が一番美味しかった気がします。

IMG_4710.jpg

ザルツブルク(オーストリア・2014年)
シンプルなロングのカップ。

IMG_4859.jpg

ミュンヘン(ドイツ・2014年)
レジデンツ近くにあるオデオン広場にて。オデオン広場のマーケットは中世をテーマにされているのでお店やスタッフさんもみんな中世風!規模は小さいですが素敵なマーケットです。

043.jpg

ベルリン(ドイツ・2015年)
テレビ塔を近くに臨むアレクサンダープラッツにて。
ベルリンをうろうろと歩いていると必ず通るような場所にあるので便利。
陶器とは異なり透けるのでかわいかった。

331.jpg

ドレスデン(ドイツ・2015年)
こちらもガラス。このタイプを見つけるとついつい買ってします。

414.jpg

ドレスデン(ドイツ・2015年)
こちらは定番のタイプ。この陶器のカップにその土地の風景が入っているカップを一番良く見かけます。

577.jpg

プラハ(チェコ・2015年)
プラハ城周辺にて。カップは5種類くらいありかなり悩みました(どれもかわいい!)。
余談ですがおなかの都合で食べてはいないもののフードがとても美味しそうだった。

cup2.jpg

エスリンゲン(ドイツ・2016年)
かわいい長靴タイプ。エスリンゲンはそれぞれのお店でカップが異なり迷いに迷いました。素焼きの陶器のものを買わなかったのが心残り。
ちなみに長靴タイプが一番人気だと思うんですけどウィーンのシュテファン寺院のマーケットでも扱っていましたよ!

cup6.jpg

エスリンゲン(ドイツ・2016年)
すりガラス。ポップな感じ。

cup7.jpg

エスリンゲン(ドイツ・2016年)
それにしてもエスリンゲンで飲みすぎですね。
エスリンゲンのマーケットは中世をテーマにしているのでタイムスリップをしたような独特の雰囲気がありました。
あとフードが何もかも美味しかった!

cup3.jpg

ストラスブール(フランス・2016年)
なんとプラスチック。笑
あまり力は注いでいないようです。

cup4.jpg

ニュルンベルク(ドイツ・2016年)
オレンジが刺さっているだけでもテンションが上がるのにスペキュロスも1枚くれました。
カップはこれぞクリスマスマーケット!という感じでかわいい。

cup5.jpg

ローテンブルク(ドイツ・2016年)
青いカップはやっぱりかわいいなぁ。なぜか2015年のものも使われていてそちらはグレーでした。

これからのカップは基本的には3ユーロ前後(日本円で400円程度)です。
お安い!その上年号や街の名前が入っているので旅の思い出にとっても良いと思います。
ただホットワインを飲んだ後のカップなので当然の事ながら飲んだ後はベッタベタなわけです。
ゆすぐ場所は無いのでウェットティッシュは忘れずに。
念の為鞄に入れても良いようにビニール袋も持っておいた方が良いかな?
街によってはわざわざ飲まなくてもインフォメーションなどで売っている事もあるのでチェックしてみてください(私はせっかくなので飲みますが!)。

アルコールが苦手な方はプンシュがおすすめ。
こちらはジュースを温めたものですがスパイスも入っていて大人味。とっても美味しいです。

またお店によってはカップを数種類所持している場合があります。
適当にカップを選んで入れているようであれば、特定のカップが欲しい場合は指差ししながら『このカップに入れてもらえますか?』と聞いてみましょう。
話せない人は指差ししながら『これでもいい?』という顔をすればみんなニコニコしながら入れてくれます(私もろくに話せないから)。
ありがとうだけは毎回忘れずに!

でも陶器って帰りの飛行機で割れないか心配!という方は一番良いのは機内持ち込みですね。
無理な場合は私はいつもビニールに包んだカップをヒートテック(使用済み)でくるくると巻いて帰っています。
なんだか小汚い話ですみません。でもこれで割れません。
(海外では本当にスーツケースを投げられるので毎回日本に帰ってあける時にドキドキしています)

今度は美味しかったフード編やろうかな。
(いつになるやらわかりませんが…)

image32.jpg

posted by スタッフ at 22:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする