2016年06月07日

2015/12/23ベルリン・ドレスデン・プラハ3日目ベルリンE

亀以下の更新ですみません…。もう半年経ってしまいましたね。
そんなわけでベルリン最後の朝。
この日はベルリンの朝を少し楽しんだ後にドレスデンへと列車で移動します。
それにしても滞在していたホテル、三ツ星だったんですがスタッフも対応が良いしホテルもとってもきれい。
ただ宿泊客が少なく朝食はいつも2組程度しか居ませんでした。

164.jpg


でもきっちりいろんな食べ物を準備してくださっているので朝から美味しく頂きました。

162.jpg


次にベルリンに行くことがあればまたここでも良いかな。
(個人的に忘れないようにメモっておこう…→Tryp by Wyndham Berlin am Ku’Damm)

軽く朝食を済ませた後はカイザー・ヴィルヘルム教会へと向かいます。

166.jpg


第2時世界大戦で崩壊したこの建物は記念碑として保存されています。
教会としては使用できない為隣には新たに近代的な教会が出来ています。

168.jpg


写真はOKで他に人も居なかったんですがなんだかパシャパシャと撮る気分にはなれず1枚だけ撮らせて頂いて静かな時間を過ごしました。

その後、カフェへ。
(何回食べるねん…っていう)

『Berliner Kaffeerösterei』

186.jpg


自家焙煎コーヒーのお店。
コーヒー豆の種類が何十種類とあり、もう何を飲めば良いのやら迷うこと間違いなしです。
淹れ方もいろいろとあるようでしたが私たちが頼んだものはフレンチプレスでした。

181.jpg


183.jpg


ケーキももちろん自家製。
いかにもドイツ!といったどっしりとしたケーキを味わいました。マンデルだったかな…。
種類もとっても豊富だったのでまたいつか行ける事があれば訪れたいです。
そして余談ですがここのお店の朝食はとっても豪華で美味しそうだった…(何種類からか選べます)。
ただ量が多いのか隣の紳士はがっつり残していましたが…。
次回は朝食だなぁ…うん。

そして何度もお世話になったメトロ経由で中央駅へ。

193.jpg


なぜか中央駅の写真が1枚もありませんでした。
列車に乗るまではやっぱり緊張してるんでしょうか。
そしてどうでもいい余談なんですが私は日本でも非常によく道を聞かれるんですが、それは海外でも例外ではないようで中央駅で聞かれる聞かれる…。
(なんでこんなアジア人旅行者全開の私に…)

まだ行き先を表示した電光掲示板近くで聞かれたときは教えてあげやすかったんですけど、自分たちが出発するホームでまったく別の行き先の方に聞かれた時はもう焦りましたね。
電車が来るから掲示板までついていってあげる事も出来ないし、説明も難しいしで。
そしてこんな私の窮地の際に彼は完全に存在を消して空気になります(見事に)。

説明にどっと疲れていざ乗車。
ベルリンからハンガリーまでかな?向かうこの列車は6人で1室というタイプ。
私たちは途中のドレスデンで下車します。

484.jpg


同じ部屋だった女性がドレスデンまで行かれるそうでこれで降車間違いの心配もなくなりのんびり。
大きなスーツケースは荷台に乗せられませんが個室横の廊下に置くことが出来ました。
目に届くしみんなが廊下に置いているので走ったりはすることが出来ず盗まれる心配もありません。

そんなこんなでドレスデン到着!

470.jpg


駅にはスーパーやドラッグストア、お土産屋さんにフードコートなどなどたくさん入っていてとても賑わっていました。
この日のホテルは本当はibisという安い三ツ星ホテルだったんですが、ホテルが突然休業するとの事ですぐ近くの四ツ星に現地の旅行業者さんが変更してくれました。
(私たちは飛行機とホテルがパックになったタイプで旅行をしています)

そんなわけで良いホテル。

IMG_5320.jpg


窓から見えるホテルが本来泊まるはずだったホテルなんですが普通に営業していました。笑

194.jpg


ibisが嘘をついたの?業者さんがホテルを取り忘れていたりとかして嘘をついたの?
まぁ良いホテルになったんだしどっちでも良いか…。
ちなみにお風呂は晒し者になるタイプでした。

IMG_5800.jpg


この後あまりの疲れにホテルで2時間ほど寝てしまうのですがこの時のことを後にとんでもなく後悔するハメになります。

次回素敵すぎてどうしようもないドレスデンのクリスマスマーケットへ。
(頑張って更新します)

IMG_2493b.jpg
posted by スタッフ at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック