2016年03月03日

2015/12/22ベルリン・ドレスデン・プラハ2日目ベルリンD

そんなわけで空も暗くなったので本日の最終目的地、ジャンダルメン広場のクリスマスマーケットへ。

105.jpg


こちらのマルクトはなんと入場料(1ユーロ=130円位)がいるんです。
通常クリスマスマーケットは入場料は取らず出入り自由であるのが一般的。
それだけこちらは力が入っている!!という事。
入り口横のチケットブースに並んでチケットを購入。
いざゲートをくぐって中へ。

確かに中にはライブステージがあったり天使が歩いていたり、そしてもちろん規模が大きく屋内市場などもありました。
お店も軒数が多くとってもきれい。

123.jpg


138.jpg


そんな素敵なマーケットの中、やっぱり大切なのがフード!!
まずは若い夫婦が二人で切り盛りされていたパン屋さんにてプレッツェルを。

117.jpg


114.jpg


クリスマスマーケットのパン屋さんはお店で焼いたものを持ってくるのではなくその場に釜を持ち込んで焼いているというお店を多々見かけます。
こちらのお店もその場で旦那さんがパンを焼き、奥さんがパンの様子を見ながら接客をされていました。
その構成になんとなく応援したくなってしまう私たち。

こちらの写真は他のお店ですがこんな感じで釜を持ち込みパンを焼いているんです。
本格的!

133.jpg


そして次に向かったのがラクレットのお店!
ラクレットチーズの表面を焦がしパンやじゃがいもにチーズをかけて食べる、最近日本でも人気となりつつあるラクレット。
彼が未経験だったのでドイツにて初体験。

127.jpg


美味しいに決まってますやん!という見た目。
じゃがいもがチーズで完全に隠れています。
上に乗っているのは自家製ハム。
ちなみにラクレットチーズはこんなに大きいんですよ。
断面を専用の器具で炙り、とろけたチーズをかけるんです。

128.jpg


ふふ…幸せ…。
その後いつものように雑貨を見て回りました。
クリスマスマーケットは本当に楽しい。

124.jpg


ただなかなかの人混み…。
ぐるっと回ったところで疲れ果て、もう1軒だけカリーブルストのお店をこなすぞ!!という話になり地下鉄に乗ってこちらへ。

『WITTY'S』

143.jpg


こちらは『BIO』にこだわったカリーヴルスト屋さん。
ソーセージはもちろん、付け合せのポテトやパン、ソースに到るまですべてがオーガニック!
お値段もその他のお店に比べるとやはり高めです。

144.jpg


でも個人的にはこちらのお店が一番美味しかった…!
ヴルストも美味しいんですけど付け合せのポテトが何とも美味しすぎる!
最初に行ったcurry36では冷めたポテトを出されたので非常にがっかりしたんですがこちらはきちんと注文後に揚げてほくほく状態で出してくれました。
ファーストフードと言えど仕事が丁寧!
じゃがいもも冷凍ではなくオーガニックのものを自分のお店でカットしてというスタイルでした。

お腹がいっぱいのところに無理に詰め込んだカリーヴルストではありましたが美味しかったので気持ちはほくほく。
老舗百貨店KaDeWe前で開催されていたマルクトを冷やかしつつホテルへと向かいます。

147.jpg


149.jpg


ホテル近くのカイザーヴィルヘルム教会のマルクトもちょこっと散策。

151.jpg


本日の締めとして素敵なおじいちゃんのお店でまたもやグリューワインを頂きました。

157.jpg


ごちそうさまでした。
グラスはもちろんお持ち帰り。
posted by スタッフ at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック