2016年09月21日

雑誌掲載のお知らせ

ありがたい事にまたHERS10月号(光文社)にて当店を取り上げて頂きました。
とんでもない幸せ者です。
お隣で紹介されているのはオーボンヴュータンさんです(巨匠過ぎる)。

これからもまた食べたいと思うような美味しい焼き菓子を作ってまいります。
どうぞよろしくお願い致します。

WF61QGSO.jpg
posted by やすつぐかあゆみ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新製品一部…

新製品について9月1日に更新したつもりが保存状態になっており更新できていませんでした…(白目)。
もう9月が終わろうとしているのに…。
なおたくさんお問い合わせを頂いてしまい申し訳ございません…。
チョコレートの販売は10月頃より気温を見て製造・販売を開始致します。
どうぞ今しばらくお待ち下さい。

06H7PD8N.jpg

■ノワドゥマカダミア
メープルシュガーを使用した優しい味わいのクッキーにじっくりローストしたマカダミアナッツをたっぷり混ぜ込みました。

TFBPZTSP.jpg

■グリオットチェリーとピスタチオのタルト
ピスタチオパウダーをたっぷり混ぜ込んだ贅沢なタルトにグリオットチェリー(サワーチェリーのシロップ漬け)のアクセント。
※チェリーがなくなり次第終了

VKUPWEZI.jpg

■栗のタルト
栗のパウダーを混ぜ込んだタルトに栗の渋皮煮を存在感が出るよう丸ごとひとつ入れて焼き上げました。
※栗がなくなり次第終了

見かけられました際には是非是非お試し下さい。
posted by やすつぐかあゆみ at 10:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

2016年9月出店予定

9月の出店予定が出揃いました。
どうぞよろしくお願い致します。

■HARU COMIC CITY(東京・東京ビッグサイト)
日にち  :9月4日(日)
時間   :10:00〜15:00
アクセス :りんかい線国際展示場駅下車徒歩7分、ゆりかもめ国際展示場正門下車すぐ
住所   :東京都江東区有明3−11−1
※当店の出店場所は東6号館赤ブープラザ横です

■OSAKAアート&てづくりバザール(大阪・南港)※入場有料
日にち  :17日(土)・18日(日)・19日(月・祝)
時間   :10:00〜17:00
アクセス :大阪市南港ポートタウン線「トレードセンター前」駅下車すぐ
住所   :大阪府大阪市住之江区南港北2-1-10 大阪南港ATCホール

■森の手づくり市(京都・下鴨神社)
日にち  :9月25日(日)※開催は24日〜25日
時間   :10:00〜16:00
アクセス :京阪出町柳駅下車徒歩10分・京都市営地下鉄鞍馬口駅下車徒歩15分
住所   :京都市左京区下鴨泉川町59 下鴨神社 糺の森
posted by やすつぐかあゆみ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り市出展予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

2015/12/25ベルリン・ドレスデン・プラハ5日目プラハ@

25日、クリスマス当日の朝です。
朝からがっつり4つ星ホテルの朝食を楽しむ彼と

466.jpg


すっかり胃がやられている様子の私。

468.jpg


4つ星ホテルの朝食はやっぱりすごかったです。
ホットミールやハム・チーズの種類が多いのはもちろんまったく摂取できていなかったお魚まであります。
紅茶はなんとロンネフェルト!
日本ではなかなかお目にかかることの出来ない高級紅茶をたくさんある種類の中から選ぶことが出来ました。
朝食は今までの旅行経験の中で一番だったかもしれないなぁ。
(胃もたれしていたけれど)
ちなみにホテルスタッフは4つ星の割には女の人の態度が威圧的です(謎)。
でもとてもきれいだし食事も気に入ったので記録に残しておきます。
(Hotel Pullman Dresden Newa)

この日は朝少しだけドレスデンの街を散歩して、昼過ぎにはチェコのプラハへと向かいます。
24日は詳しい営業時間なんかがそれぞれの店頭に書かれていましたが25日が休みなのはどうやら当然のようでどのお店も休むよとの表記もなく完全閉店しておりました。

ほぼすべてのお店が閉まって昨日の観光客はどこへ?と聞きたくなるくらいの静けさ。
お正月の日本の方がよっぽどお店があいています。

470.jpg


そんな中ひっそり開けてくれていた教会前の工芸屋さんへ。
他でお土産を買えなかった事もあり散財致しました。

477.jpg


478.jpg


ではドレスデンの駅からチェコへと出発です。
ホームもこの静けさ。

481.jpg


列車は3人横並びで向かい合うボックス席。
ベルリン→ドレスデン→プラハの列車はどうやらこういうタイプのようです。
スーツケースは小さなものはシートの上の棚へ。
大きなものはボックス席外の廊下へ。

484.jpg


私たちは向かい合った窓際の席だったんですが謎の黒人家族が荷物を広げて陣取っていて私たちの席ですよという気力もなく廊下側へ。
そうするとしばらくして中東系の小さな女の子がなぜか私たちのボックス席へ。
ここじゃないよ〜なんて日本語で対応していたら親が現れて回収…。
という行為が数回行われました。
どうやら女の子に私たちが気に入られてしまった模様。

最初はチェコ人のきれいなお姉さんと彼と私の3人で相手をしていたんですがあまりにも長いので途中きれいなお姉さんが離脱。
彼もしばらくして離脱。
私だけが景色を楽しむこともなく日本語で女の子と遊ぶという謎の光景に。
もう親も迎えには来ません。

…日本じゃ考えられないですよ!
どうするのこの小さい謎のアジア女が悪い人だったら!笑
プラハに着く直前まで相手をしていたので(←2時間くらい)どっと疲れた私。
でもかわいかったから良い!
プラハに到着です。

とりあえずメトロでホテルに向かいチェックイン。
ドレスデンでの完全閉店があったので果たしてチェコは大丈夫なのか…とネット検索。
(ちなみにホテルは市内ですが少し外れた場所にあったのでお店はマクドナルド以外ほとんど閉まっていました)
このままでは晩御飯がマクドナルドになってしまう危機。
(まぁそれはそれで良いんですが)

プラハ市かどこかの公式HPでは25日はクリスマスマーケットが休みというような表記がされていたんですがダメで元々、もしかしたらチェコ料理のお店が開いているかもという望みを託し中心部へと向かいました。

497.jpg


…普通にやってる!!
人、人、人がいっぱい!
お店も閉まっているほうが珍しいくらい開いている…!!
プラハすごい!!

495.jpg


というか何この夢の世界!!
すんっごいきれいです、チェコのクリスマスマーケット。
なんでもチェコは日本と同じく無宗教の方が多いらしくまた勤労でもあるんです。
ヨーロッパ広しと言えどここまでクリスマスの日にマーケットが盛り上がっている場所、あるのかな?
ヨーロッパではクリスマスは家族と自宅で過ごすのが当たり前なのでこの光景にはびっくりでした。

もう調子に乗ってプラハハムを食べました。
(この旅で一番高かった食事)

503.jpg


店頭で豪快に焼かれていて適当に切り分けられるんですが大きさの指定は出来ません。笑

506.jpg


プラハハムは本当に美味しい!そして高級!
(グラムで言えば和牛より高かった)
一口目の美味しさはもう感動の一言。
(↑量が多いので2人では後半飽きました。笑)

プラハ万歳!と言いながら街歩きをしてこの日はホテルに戻りました。
クリスマスにどうしてもヨーロッパに行きたくなったら断然プラハがおすすめですよ。
posted by やすつぐかあゆみ at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

2015/12/24ベルリン・ドレスデン・プラハ4日目ドレスデンA

この日は12月24日、クリスマスイブです。
クリスマスマーケットは14時までとなり店舗も通常より早く閉まってみんな家族と過ごすもの…くらいの知識はあったんですがまさかこれほどまでとはという目にあって参りました。

まだお店が開くか開かないか、そんな時間帯から昨夜のクリスマスマーケットをうろうろとめぐってみました。
午前中はとても静か。

303.jpg


299.jpg


296.jpg


ドレスデンのクリスマスマーケットはお店の屋根の上を見ているだけでも楽しい。

367.jpg


358.jpg


363.jpg


429.jpg


362.jpg


街を散策しながらケーキを食べに向かいます。
それにしてもとっても良いお天気。
ヨーロッパで12月で、こんなに良いお天気って私初めてでした。
いつもどんよりとした曇り空なので。

315.jpg


381.jpg


386.jpg


素敵な街ですよね、ドレスデン。

374.jpg


377.jpg


『Cafe Schinkelwache』

ドレスデンの名物ケーキ、アイアシェッケが美味しいと聞いてこれは是非食べねばと来ました。

383.jpg


アイアシェッケはベイクドチーズケーキ。
濃厚なタイプではなく見た目どおりふんわりとしていてカステラのような食感で日本人好み。
レーズンにチーズクリーム。そりゃ美味しい。
日本でもごくたまに見かけるんですが今まで見かけたものはなぜか濃厚になっており現地のものとは別物というイメージがあります(それはそれで美味しい…笑)。

そしてもうひとつ。
こちらもドレスデン名物Porzellantorte。
ケーキの詳しい構成を思い出せなくて(彼は覚えているかな…)ネットで検索してみるも日本語は自分がつぶやいたtwitterしか引っ掛かりませんでした(´∀`*)笑

382.jpg


日本でやっても絶対に受けることはないであろう甘みたっぷりカロリーの爆弾のようなケーキでした。
私はこういうがっつりどうしようもなく甘いケーキ、嫌いじゃないですけどね。
重たいコーヒー片手に一口ずつゆっくり楽しめて。

こちらのカフェ夜23時頃までやっているようですがこの日は早くて夕方前には終わるようでした。
お昼間は混雑していますが夜はすいているようです。

385.jpg


雰囲気も素敵!

ただこの後とんでもない事になりました。
14時にクリスマスマーケットが終わってしまうのでもう一度少しマーケットを見て、14時以降は他のお店を夕方まで見て回ろうかな…と思っていたんですが。
14時になったらびっくりするくらいすべてのお店が閉まりました。
デパートやらスーパーやらもう何もかもすべて街がシー…ンと静かになるくらいに…!笑

もう衝撃ですよ、スーパーでお土産用のグミを買ったり、世界一美しいと言われる牛乳屋さんで石鹸などのお土産をたらふく買い込もうと思っていたわけで…。
14時から…何しよう?!ってなりました。笑

そんなわけで街を歩いてオープンしているのを確認したのは

『Emil Reimann』
ドレスデンにはクロイツカムというバウムクーヘンの有名店がありますがこちらも双璧を成すバウムクーヘンの有名店。
店内は気遣って写真を撮れなかったんですがこちらもケーキの種類が豊富。オススメです。
24日は夕方頃までの営業でした。25日もごく短い時間で営業されています。
クリスマス前後の営業時間は店頭にどどん!と表記されていて事前に確認可能。とても親切です。
(他のお店は大きな店舗以外基本表記されていません)

そしてお店の名前がちょっとわからないんですが聖母教会前にあるドイツの木工製品を中心としたお土産屋さん、こちらも夕方頃までオープンされていました。
お店は決して広くはないんですがくるみ割り人形、パイプ人形等々種類がとても多く見ていてとても楽しいです。
そしてスタッフ皆さんとんでもなく愛想が良い!ドレスデンに来る度いつも楽しく買い物させて頂いています。
Emil Reimannの2軒隣くらいかな?
(ちなみにEmil Reimannはドレスデンに何軒かあります)
25日も営業時間を短くしてオープンされています。
ありがたい存在…。

そして営業していたレストランがこちら。

『Coselpalais』

ありがとう!お店を開けてくれてありがとう!という気持ちしかないです。
貴族の館を使用した現地の有名レストランで雰囲気もよても良いです。

439.jpg


ただ24日にオープンしているレストランがあまりにもなく、店内は人がごった返しておりました。
相席でぎゅうぎゅう。私たちもしばらくかわいいおばあちゃんたちと一緒に過ごしました。
で、ご飯食べなさいよという感じなんですがまたケーキです。
食べ比べをしないとね…(この頃には目が死んでいた)。

434.jpg


アイアシェッケ!
そしてドイツといえばやっぱりこれ!
シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ!!

435.jpg


チェリーを挟んでキルシュ入りのクリームをまとったチョコレートケーキ。
このケーキが大好きな私。
いつかカフェを開く際にはお店に常に置いてもらおうと懇願予定です。

もう胃の中は甘いものだらけ。
ドレスデンは甘いものが美味しいから仕方がないですね。

もたれた胃をなんとかしようと夜の街をお散歩しながら帰りました。

444.jpg
posted by やすつぐかあゆみ at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする